起業ステージアップPCスクール イエロー・ムーン/さいたま県比企郡川島町

ブログヘッダーデザイナー養成講座

あなたも憧れのブログヘッダーデザイナーになりませんか?
 
「難しそう・・」
「センスに自信がない・・」というかたは、私のストーリーを読んでくださいね!

私がWEBデザイナーとして独立した道のり

私は2010年起業以来、ホームページやブログデザイン制作をしてきました。
フォトショップ、イラストレーターというプロ仕様のソフトを使い、多くのクライアントさんのブログデザインを作りました。
そんな私、どこかでデザインを学んだの?というと、実は習ったことはないんです。勤めていた会社で、社内報を作ってくれと言われ、社内で誰も使っていなかった「フォトショップ」「イラレ」を使わなくちゃいけなくなりました。オフィス系ソフトしか出来なかった私は、分厚いテキスト本を買い、独学を始めました。

実は任命された社員は私のほか、もう一人いましたが、すぐに脱落しました。
画像系ソフトはオフィス系と見た目も使い方も、全く違うので独学が難しかったようです。ですが私は性にあっていたようで、だんだんと面白くなってきて、社内報もおかげさまで毎号好評でした。
 

その後起業し、この技術でやっていこう。と決めて今に至ります。それからも勉強は続き、独学をつづけスキルを磨いてきました。

ブログヘッダーのデザインは、それほど難しくない

私がやってこれたのは、ブログデザインという狭いジャンルにほぼ特化していたからです。
もちろんCSSがまったく分からないと、ブログカスタマイズは出来ないのですが、慣れもあるもので、日々見ているとCSSのタグも分かるようになりました。
 
そして、ブログカスタマイズのCSSは、毎回組むわけではありません。
定型のものを利用し、画像の部分や色部分のみ、書きかえればいいので、慣れれば簡単でした。
 
ブログのデザインも、普通のセンスがあれば、十分できるものだと思っています。
私自身、並外れて優れたデザインセンスがあるわけではないので、同系色でまとめたり、対比色でも相性のいい色を組み合せるなどのテクで、評判の良いデザインを作ることができました。

クライアントさんが求めているのは、アート作品ではない

主に女性起業家さんのブログデザインを作っていましたが、ずっとある思いに苦しめられていました。自分の制作はアート性に欠けている、もっとデザインの上手な人はいっぱいいる、私では役不足では?という思いです。

ですが、それは自分だけの思い込みでした。
クライアントさんは、アート作品を求めているわけではありません。ビジネスブログのヘッダーは、サービス内容がわかり、「いい感じ、魅かれる、見てみたい」と訪問者が感じてくれれば、良いのです。

アート性で売っているWEBデザイナーもいますが、アート性で集客が出来るわけではないのです。デザインがどんなにステキでも、ブログの中身がスカスカならだめです。それに気がつき私は気が楽になり、自分なりの制作を楽しめるようになりました。
 

時代はシンプルへ。WEBの画像デザイン作りへのハードルが下っている

 

数年前に流行っていたWEBデザインは、シャドウやグラデーション効果をふんだんに使った「リッチデザイン」と言われるものでした。そのテクニックは、Photoshopでなければできないものでした。つまり、Photoshpを使いこなせないとWEBデザインは作れなかったのです。
 
ところが、それからWEBデザインの傾向はがらりとかわり、現在では「フラットデザイン」というシンプルなものが主流です。リッチデザインは今見ると古い感じです。
 
これはどういうことでしょうか?私は、大きなチャンスが来ていると感じます。
「Photoschopを使えない人でも、WEBデザインが作れる」時代が来ています。WEBデザインに使う画像は、Photoshopでしかできない、という固定観念は捨てて良いのです。

 

Phososchopでなければ、何でデザインを作るの?

イエロー・ムーンPCスクール アメブロカスタマイズ講座


これが、私のおススメ&お気に入り、Photoscape-xという、フリーソフトです
ダウンロードはこちらから http://x.photoscape.org/

Windows10とMACで、使うことができます。Win10以前のかたは、旧バージョンもあります。レイヤー機能があり、グラデーションや様々な効果をつけることができる、無料とは思えない優れたソフトで、使うたびに「良くできているなぁ」と、感心します。
  
このソフト「Photoscape-x」を使えば、どなたでも、美しいブログヘッダーデザインを作ることができる、宝物のようなソフトです ^^

前置きがたいへん長くなりました。
では、ブログヘッダーデザイナ―養成講座の詳細をご案内します。
(こちらからどうぞ >> ページ準備中です)